本文へスキップ

特定非営利活動法人 いのちをバトンタッチする会

○○○○○○○○○○○○○○○ビルダー会


 
   <私たちの活動>
  
     「いのちの授業」は、6歳までの「いのち」を精いっぱい輝かせた「小児がんの少女と家族の姿」など
    を通じて、「いのち」「家族」「医療・介護」「生き方・働き方」をみつめます。

     その講演などは、「いのちの教育」「人づくり研修」として、学校、医療・介護・福祉団体、行政、企業
    などで開催されています。いのちの教育、がん教育、子育て、人権、いじめ&自殺対策、患者家族の思い、
    良き医療介護、人間力、働き方改革、ライフエンドワークバランス、モチベーション、メンタルヘルス、
    安全などをテーマに、全国で25万人の方が参加されています。
     心の根っこを育む人間教育として、テレビ・新聞・雑誌などでも多く紹介されています。

     小学校・道徳の教科書(学研教育みらい)にも取り上げられました(2018年度より)。

     また、いのちの社会啓発活動として、定期購読誌「いのちびと」の発行、ドキュメンタリー映画「四つ
    の空 いのちにありがとう」の制作・上映会、小児がんの支援=「ゴールドリボン・いのちの授業」、
    「小児がんを知り いのちの大切さを 学校で学ぼうプロジェクト」、「いのちの大会」、講演録・単行本・
    絵本の発行などにも取組んでいます。


   <活動の思い>
  
     今、社会が揺れていると言われます。実は揺れているのは、自分の心ではないでしょうか。

     幸せは、誰かがプレゼントしてくれるものではありません。どこかで買えるものでもありません。
     本当に大切なこととは? どう生きるか? どう働くか? そう自分に問いかけてこそ実感できます。

     そのキーワードが「いのち」です。

     小さな”いのちの輝き”をバトンタッチします。
     みんなで心を一つにして、「いのち」をみつめてみませんか。
     あなたと、あなたの大切な人の”幸せ”のために。
     

       「どんなことがあっても、お父さんお母さんより絶対早く死んではいけない」 その思い

       「限りある自分の”命”を、どう”使”うかを問いかけてこそ、本当の使命感となる」 その思い

       「いのちのつながり」 その思い
 
       「だから『生きるんだ』」 その思い

       「いのちのバトンタッチ」 その思い

       「いのちのメッセージ」 その思い  

新着情報です
 いのちの授業 道徳の教科書になります!
 
  2018年度より、小学校・道徳が「特別な教科」になります。その教科書として、3年生と6年生向に、
 いのちの授業を取り上げていただきました。小さないのちの思いが、子どもたちの心に届きますように!

  ・3年生=「みんなのどうとく3年」。絵本「6さいのおよめさん」のエッセンス
  ・6年生=「みんなの道徳6年」。続く命、つながる命  メッセージ
  ・発行元 学研教育みらい   
「広げよう! いのちの授業」第13回大会 チケット販売スタート
 
 〇映画「おくりびと」原案者&ベストセラー作家 青木新門さんと「いのちのバトンタッチ」を語ります。
   <青木さんのメッセージ>
    人生の最高の幸せは、生・老・病・死の全過程を安心して生きることです。

  ・2017年9月2日(土)13:00〜16:40 名古屋・東桜会館第2会議室
  ・講演&みんなでトーク 定員90名
  ・学生500円、前売一般4000円、当日5000円
   *一般チケットの方には、定期購読誌「いのちびと」を1年間謹呈(希望者)
  
  ・申込方法 「大会チラシ」の申込書をFAXください

     

定期購読誌 生きる幸せををみつめる「いのちびと」2017年5月15号発行(見本P2-3)
 いのちに向き合う人の思いを通じて、生きる幸せをみつめます。

 ・いのちの言葉 〜 「いのちの温もり」 鈴木中人  

 ・この人〜「障がいのある我が子と ともに学び、働き、生きていく」 斉藤寛明
    富山のたんぼの中で、障がい者が働く小さな豆腐屋を営む斎藤寛明さん(小矢部市)。
    その豆腐には、人生を貫いた人間愛と使命感が一杯です。その思いとは?
 
 ・心に響く「いのちの話」〜
   「いのちの恩返しを 自分の人生の宿題として生きていく」 
     玉腰美那子(毎日新聞社 記者)
   「父の魂を胸に 目の前のことを「一緒」懸命に生きるを貫く」
     島良明(第一物産椛纒\取締役)

 ・私の思い 〜 「つながるいのち」
   村瀬 登志夫(多治見市文化振興事業団理事長)

 ・いのち いきいきコーナー 〜 日本品質のために 積み重ねる創意と工夫
   市村昭代史 (村昭繊維興業梶@代表取締役)      他 

              
           
  *定期購読は、1500円/1年より。無料見本版もお届けします。
  *協賛サポーターも募集中! 50冊/1回×6回/年=300冊/1年お届け ご芳名を掲載
 がん教育を「いのち」学ぶ場に〜「小児がん知り いのちの大切さを 学校で学ぼう」プロジェクト
 ・「がん・小児がんへの正しい理解」と「いのちの授業」の啓発を願い、50分授業用の副教材を制作して、
  全国の中学校(含 高校・専門学校・大学・教育や医療関係者)にお届けします(無料)。
 ・「いのちの授業とがん教育」について、教職員向、児童生徒向の講演&授業も承ります。
 ・読売、朝日、毎日、中日、日本教育新聞、NHK・日本テレビなどでも紹介されました

    

 
      
 いのちの授業の講演録を発行しました!(3テーマ)。ご注文を承ります(400円/1冊)。
 ・「いのちのバトンタッチ 〜いのちの大切さ、家族の絆」(中学校講演)
 ・「生きる幸せ、働く喜び 〜根っこを育む」(企業研修講演)
 ・「いのちと医療介護 〜患者家族の思い、大切な人をおくること」(医療介護研修講演)   
  
          

★単行本「6歳のお嫁さん 亡き娘から託されたいのちの授業」が4重版出来ました(実業之日本社)
 ・いのちを育むために大切な10のことを綴っています。いのちの授業のロングセラー本
 ・日野原重明氏推薦
   

★単行本「人生のそのときに 心に刻む10のこと」(致知出版社)
 ・いのちの研修でのエッセンスを、父から息子へのメッセージとして綴っています。
 ・社員研修、働く若者へのプレゼントに最適。
   

★絵本「6さいのおよめさん」(文:鈴木中人 絵:城井文 文屋/サンクチュアリ出版)
 ・小学校道徳の教科書にもなった感動の絵本です。
  


  

主な活動です   ●会の「案内ちらし」
◎講演、セミナー
 いのちの授業 いのちの研修 いのちの講座
いのち・家族・医療介護などみつめる。園児から大人、親子、職種別に多様なプログラムがあります。
生きる・働く・使命などに向き合う。人材育成・ワークライフバランスとして企業や労組などで開催。 いのちを支える育む教職・医療者を育成するプログラム。専門学校・大学・キャリア講座で開講。
いのちの授業 鈴木中人
◎定期購読誌、映画、講演録・本・DVD
定期購読誌「いのちびと」発行 ドキュメンタリー映画の上映 講演録、本、DVDの発行
 生きる幸せをみつめる定期購読冊子(隔月)。いのちに向き合う人や思い、生き方、働き方を紹介。 4組の家族の小さないのちの物語。いのちに向き合い、困難を乗り越え、幸せになるための物語。 いのちの授業や研修などのメッセージを、講演録、講演録、単行本、絵本、DVDにしています。
◎社会啓発
 がん教育を「いのち」学ぶ場に ゴールドリボン・いのちの授業 報  道
「がん・小児がんへの理解」と「いのちの授業」が進むことを願い、副教材を中学校に届けます。 小児がん支援といのちの教育を願い、アフラック協賛の公募事業としていのちの授業を開催しています。 いのちの思いや社会課題などを、新聞、雑誌、専門誌、テレビなどでご紹介いただいています。
ゴールドリボンいのちの授業 鈴木中人
いのちの授業 鈴木中人
 いのちの大会
 いのちの講師と仲間が集い、いのちを感じてご縁を紡ぎます。毎年秋に名古屋開催の定期大会です。
いのちの授業 鈴木中人


                                           

contents

いのちをバトンタッチする会

〒450-0003
愛知県名古屋市中村区名駅南2−7−2
東海医療科学専門学校内
TEL/FAX  052-581-8686
メール inochi-b@hm7.aitai.ne.jp