本文へスキップ

  いのちの授業 鈴木中人

鈴木中人の紹介


プロフィール


 1957年愛知県生まれ。81年デンソー入社。92年、長女の小児がん発病を機に、小児がんの支援活動やいのちの授業に取り組む。2005年、会社を早期退職して、いのちをバトンタッチする会を設立。09年、ライフクリエイト研究所を設立。 

 いのちのバトンタッチをテーマに、いのちの輝き、家族の絆、生きる幸せ・働く喜び、良き医療などを、いのちの授業として全国に発信する。

 いのちの授業や研修は、30万人が感動し、全国1500カ所で開催されており、小学校・道徳の教科書にもなる(2018年度より)。

 定期購読誌「いのちびと」の編集、「小児がんを知り いのちの大切さを 学校で学ぼう」プロジェクト、ドキュメンタリー映画「四つの空 いのちにありがとう」のプロデュースなどにも取組む。

・毎日新聞「発言」(2017年)
・朝日新聞「ひと」紹介(2014年)
・テレビ寺子屋出演(2010年、2012年)
・NHKテレビドキュメンタリー放送(2009年)
・NHKラジオ深夜便こころの時代出演(2004年、2008年)



 

私と「いのちの授業」


私は、元々は地元の会社に勤めるサラリーマンでした。
社内結婚した妻と二人の子どもをと、どこにでもいる普通の家族として暮らしていました。
突然、人生のまさかが襲いました。

長女・景子が小児がんを発病したのです。景子三歳、私は三十四歳でした。
人生の当たり前が崩れました。
子どもは成長するする存在から、死ぬかもしれない存在に。
一緒に暮らす家族はバラバラに。
働き盛りの仕事は、闘病と育児のやり繰りの毎日に。

景子は、約三年間闘病して亡くなりました。必死の祈りも叶わずに…。


いのち、死ぬ、生きる、家族、働く、良き医療、幸せ、運命とは何だろうか。
苦悩と涙の中で、何回も何回もそう思いました。


十年後、何のあてもなく会社を早期退職して「いのちの授業」を始めました。
景子が遺してくれた「いのちのメッセージ」をバトンタッチしよう、ただそれだけの思いです。四十七歳でした。
 
超零細一人稼業になって、人生の情景も随分と変わりました。
たくさんの「いのちの体験と出逢い」が積み重なりました。
そして、「生きる」が一本の糸として紡がれていきました


「いのちに思いをはせて、自分の生き方・働き方をみつめてみよう。
 本当に大切なことに気づき、幸せになるためのヒントがきっとある―」

亡き娘、そして、たくさんの方から「いのちの思い」を託されました。
その思いを、「いのちの授業」を通じてバトンタッチさせていただきたいと願います。 

 



主な活動

・特定非営利活動法人いのちをバトンタッチする会代表
・潟宴Cフクリエイト研究所 代表取締役

・三重大学医学部 非常勤講師
・名古屋市立中央看護専門学校 非常勤講師

・厚生労働省 がん対策推進協議会委員
・国立病院機構名古屋医療センター 研究倫理審査委員
・名古屋陽子線治療センター 運営会議委員
・公益財団法人がんの子どもを守る会 東海支部代表幹事 評議員

・愛知県 命を大切する教育研究会委員(2006年)
・名古屋市 がんに関する学習補助教材策定委員会委員(2014年)

著 書

・「大人のための『いのちの授業』〜小児がんで娘を亡くした私が伝えたいこと」(2017年 致知出版社)
・「6歳のお嫁さん〜亡き娘から託されたいのちの授業」(2009年 実業之日本社)
・「人生のそのときに心に刻む10のこと」(2011年 致知出版社)
・「いのちのバトンタッチ」(2003年 致知出版社)
・絵本「6さいのおよめさん」(2014年 文屋、サンクチュアリ出版)
・小学校 道徳教科書「みんなのどうとく3年」「みんなの道徳6年」(学研教育みらい)


主な受賞

・こころを育む総合フォーラム「中部ブロック大賞」(2012年)
・名古屋キワニス会 社会公益賞(2011年)
・浄土宗 共生地域文化大賞「共生賞」(2008年)
・財団法人ソロプチ二スト日本財団 社会ボランティア賞(2007年)
・財団法人愛銀教育財団(2007年)


いのちをバトンタッチする会

〒450-0003
愛知県名古屋市中村区名駅南2−7−2
東海医療科学専門学校内
TEL/FAX  052-581-8686
メール inochi-b@hm7.aitai.ne.jp